スーパーママチャリGP〜その3

にほんブログ村 野球ブログへ

一夜明けレース本番。

パドック内のBBQエリアはこんな感じ↓
BBQエリア

マシンをピットロードに並べ、コースオープンに備えます。
ピットロード


スタート直後は約1300台のマシンが一斉に走り出すため
1コーナーは事故が多発するとのこと。

となると、第一走者は非常に危険です。

しかし協議の結果トップバッターは私になりました。

ま、いい経験だし ヨシとしよう。


そしていよいよコースオープン!

ピットから一斉にマシンがコース上に移動します。

私も負けじとすぐさまコース上へ。

スタート前
フェンスより手前がピットで、奥がコースです。
Panasonicのゲートがあるところが先頭です。
私は意外と早くコース上に入ったみたいで7列目付近まで行けました。



そしていよいよ7時間耐久スーパーママチャリグランプリの

スタート!!


私がトップバッターだったので、スタートの瞬間の写真はありません。
オールスポーツコミュニティというサイトで見れます。(掲載期限は2月15日までです)

スタートから1コーナーまでは4〜500mですが、次々と抜かされます。
私もあまり調子に乗ると怪我すると思い、あえて勝負はしません。

そして下りながらの1コーナー。

やっぱり転倒者が出ました。

救急車もすぐに出てきました。

台数がとにかくハンパじゃない。。

これが簡単なコース図です↓
コース図
※富士スピードウエイの公式サイトはコチラ


1コーナーからコカコーラコーナーまでは下りで、ママチャリのブレーキ性能の限界を超えた速度が出ます。

100R途中からヘアピン越えたあたりまで登り。
これが地味にキツイ。

そこからダンロップコーナーまでは緩やかな下りですが、
ダンロップからパナソニックコーナーまでは地獄の登坂路です。

半分以上のライダーは自転車を降りて歩いてます。

その地獄の登りを終えると、富士スピードウエイが世界に誇る
およそ1.5キロのホームストレートです。

1周でライダー交代すると、ピットに入らなければならないので
このストレートを体験するには2周走らないといけません。
(ヘアピンでもライダー交代可能なので2周走らないでストレートを走る方法も有ります)

しかし天気は快晴で、富士山がメチャ綺麗でした。
(走ってる最中は富士山を見ることくらいしか楽しみがない)
富士山


私はとりあえず1周走り終え、2番手のライダーへバトンタッチ。

もう、1周走れば十分ですよ。。


私の1周のタイムは約13分でした。
普段からロードバイクに乗ってるオクダで9分台後半。

9人で交代なので1回走れば1時間半くらいは自分の番が回ってきません。

その間はBBQと鍋。
やたら食材を買ってしまったもんで、とにかく7時間耐久で食べます。
BBQ

肉だらけの男鍋
男の鍋

他の参加グループでは気合の入ってる集団も数多くおり、
よもや屋外とは思えない料理を作っていました。

うちらも来年はもう少し料理のバリエーションを考えましょう。


さて、レースはまだ始まったばかり。

レースの模様についてはまた次回。

その4へつづく。

レースクイーン

にほんブログ村 野球ブログ 草野球へ

コメント
They are of help, and you’ll be able to get a lot of them for very inexpensive
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
        

雨雲レーダー

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM