インターフェア(守備妨害)について


先日のCO2カップの第一試合。

一死2・3塁で、私の打球が2塁ランナーに直接当たるというプレーがありました。(その記事)


打球が当たったランナーはアウト。
3塁ランナーも戻されるということまではいいのですが

バッターの記録はどうなんの?

ってことで野球規則を調べてみました。


すると、野球規則10.05(a)の(5)に記述が。



10.05 「安打」
(a)
次の場合には安打になる。

(5)
野手に触れていないフェアボールがランナー、審判員の身体または着衣にフェア地域で触れた場合。


と記載されており、打者には内野安打が記録されるそうです。


ってことは打率が上がるってことだ


打点つかなかったのは残念だけど、安打がついただけでヨシとしよう



上記プレーについての野球規則を参考までに。

6.08「バッターの安全進塁権」

バッターは次の場合ランナーとなりアウトにされるおそれなく、安全に1塁が与えられる。
(ただし、バッターが1塁に進んで、これに触れることを条件とする。)

(d)
野手(ピッチャーを含む)に触れていないフェアボールがフェア地域で審判員またはランナーに触れた場合。
ただし、内野手(ピッチャーを除く)を一旦通過するかまたは野手(ピッチャーを含む)に触れたフェアボールが審判員に触れた場合にはボールインプレイである。


7.08「ランナーのアウト」

次の場合、ランナーはアウトとなる。

(f)
ランナーが、内野手(ピッチャーを含む)に触れていないか、または内野手(ピッチャーを除く)を通過していないフェアボールに、フェア地域で触れた場合。
この際はボールデッドとなり、バッターがランナーとなったため次塁への進塁が許されたランナーの他は、得点することも進塁することも認められない。(5・09f、7・09m参照)


7.09「インターフェア」

次の場合は、バッターまたはランナーによるインターフェアとする。

(k)
野手(ピッチャーを含む)に触れていないフェアボールが、フェア地域でランナーに触れた場合。
 ただしランナーがフェアボールに触れても、
  (1)一旦内野手(ピッチャーも含む)に触れたフェアボールに触れた場合。
  (2)一内野手(ピッチャーを除く)に触れないでその股間または側方を通過したフェアボールにすぐその後方で触れてもこの打球に対して他のいずれの内野手も守備する機会がない場合。
 には、審判員はランナーが打球に触れたからという理由でアウトを宣告してはならない。しかし、内野手が守備する機会を失った打球(内野手に触れたかどうかを問わない)でもランナーが故意にその打球を蹴ったと審判員が認めればそのランナーは妨害(インターフェア)をしたという理由でアウトの宣告を受けなければならない。(5・09f、7・08f参照)
 インターフェアに対するペナルティランナーはアウトになりボールデッドとなる。



野球のルールで知らないことって結構たくさんあるんだろうなぁ。

でもルールを知っていて損になることはないし

あらためて勉強してみます

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
        

雨雲レーダー

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM